ウワサのダイエット情報をセレクトして紹介しています

Archives for 10月, 2010

ダイエット中はおやつは我慢!・・そう思っていませんか?
摂り過ぎは確かによくありません。
しかし、摂り過ぎが良くないというのは、ダイエットをしていない時も
同じことですよね。例えば、体にもいいみかん。
冬場になると、特に食べたくなります。このみかんも適度に食べればビタミンもとれて
体にいい。しかし、食べすぎればお腹を下してしまいますよね。

私が中学生のころ、みかんが大好きでよく食べていたのですが、
知らず知らずのうちに食べすぎていたみたいで、
夜お腹を下してしまったことがよくあります。

お菓子なども同じです。
食べ過ぎはよくありませんが、適度に食べる分には構わないと
私は思っています。
現に私はダイエット中も、そして今もおやつも食べます。
ただ、甘いものって一度口にすると食べ続けてしまう時もありますよね。
私は甘いものが大好きで、気をつけながら食べないと止まらなくなって
しまうんです。

そこで、甘いものを摂りすぎてしまう人は、
おやつにおにぎりを食べるのもいいと思います。
これは、産婦人科の病棟でも実際に行われているのです。

私の姉は出産前に何度か入院したことがあり、
その時、妊婦にはおやつの時間が2回あり、
その時に、一口サイズのおにぎりが2個だされていた、と聞きました。

お菓子より、ご飯系を摂ることで空腹感も満たされます
このおにぎりも食べすぎてしまっては、太ってしまいますが。

一日2回、ミニサイズを2つ位食べる。
お菓子などのジャンクフードを摂るよりはいいですよね。

私も以前は、おやつにおにぎりを食べていました。
お菓子では食べすぎてしまうし、フルーツでも私はなかなかお腹がいっぱい
にならなかったので・・。

しかし、おにぎりだと腹持ちもよく、満足感が得られたんです。
ダイエットだからと言っておやつはダメ!ということはないんです。

食べる量や、食べる物を工夫次第で、おやつを我慢することなく
食べることができます!

本当におやつ食べて痩せることできるの?・・と思うかもしれません。
しかし、実際に私はおやつを食べても痩せました。

つまり、おやつを食べることがいけないのではなく。
おやつを食べすぎることがいけないと考え方を変えればいいんです。
ダイエットしているからって、好きな物を我慢しなければいけないのは、
辛いことですもんね。

なので、食べ過ぎない!お菓子ばかりでなく、たまにはお菓子以外でおやつを。
このことだけでも頭に入れておけば、ダイエット中でもおやつを楽しむことは
できるんです!
我慢しないダイエット生活を送りましょう!

少しの意識で大きな結果

 
あなたは、毎日の食事で食べる物の特質などを考えて買い物していますか?
これは、例えば野菜はすべて無農薬の物などではなく、
一つ一つ、なるべく健康によい物を使用しているか。
つまり、食材に気を使っていますか?ということなんです。

私は以前は何も考えずに買っていました。
健康に良いものより、安い物を!
マヨネーズ一つでも安いものから、高いものまで、値段にはかなりの差が
ありますよね。
コレステロールの低い物なら、安いものより400円近く高かったりもします。
経済的には安い方を選びたいんですよね。
しかし、ダイエット中ならなるべく健康的な物を食べたほうが効果は上がる
と思うんです。

例えばですが、あなたがパソコンを買うとき、
インターネットやメールができれば、
と思って1円などのミニノートタイプを買ったとします。
しかし、やはり普通サイズのパソコンと比べたら全く通信速度も、容量も違う。
ミニノートだと出来ることも限られてしまったりもします。
すると、安さにとらわれず初めから性能のよい方を買っておけば
よかった、と思うかもしれません。

食材も同じようなものです。
安さにとらわれるより、少し値段が上がっても、体にいいマヨネーズ
や油、野菜や砂糖など、を少し気を使うことで、全く違ってくるんです!

私も今は、油も安くないもの、砂糖やマヨネーズもなるべく健康によい
ものに変えています。

しかし、無理してすべてを変える必要はないんです。
今出来る範囲で変えられる物は変えればいいと思います。

300円も高い砂糖を買うの?・・と思うかもしれません。
ただ考えてみて下さい。

毎日お菓子やジュースを今買っていたとしたら。
一日100円は使いますよね。3日で300円です。
たった3日で300円の価値の物を消費しているんです。

しかし、調味料などは一度買えば何週間かは持ちますよね。
おやつには300円簡単に払えるけど、調味料などにはもったいなくて
出せない、という気持ちも解りますが、1ヶ月に1度でも構いません。

おやつを3日間我慢して、その分の300円で健康に良い食品を買って
みませんか?
1つ変えるだけでも、きっと結果的には体に与える影響は変わるはず
です。

もう一度考えてみて下さい。
安さにとらわれて、体に余分な物を溜め込んでいませんか?

ダイエットを成功させる為に、
少しだけ食品に対する意識も変えてみてください。
小さな意識が、結果を大きく変えます

運動だけでは痩せられない

 
運動をすごくやっているのに、なかなか痩せない。
あなたにも、こういう経験があるかもしれません。

私は一時期ジムに1週間に3日程通っていました。
一回2時間くらいです。

ジムに行った日は、多少痩せてはいるんですが、トータル的に見ると、
頑張ったわりには、1ヶ月たっても少ししか体重が落ちていなかったんです。
こんなに頑張っているのに、何で痩せないんだろう。
と思い、毎日イライラしていました。

どうして運動しているのに、あまり痩せないのでしょうか?
それは、運動だけを頑張って食事面を疎かにしていたんですね。

そして、もう一つは、毎日ではなく、ジムに行った日だけ、運動をして満足していた
からなんです。
何度も繰り返し、言っていることなのですが、
ダイエットに大切なのは、バランスよく!そして毎日行うことです!

この毎日が、当時は出来ていなかったんです。
ジムに行った時だけ、何時間も頑張る。
しかし、行かない日は運動もお休み。
このギャップが、痩せなくさせていたんだと気づいたんです。
やる日とやらない日があって、その運動量にも差がありすぎてはバランスが悪いだけで
終わってしまうんですね。

一生懸命頑張っても、思うように痩せない・・

これでは悲しいし、やる気も減ってしまいますよね。
毎日少しでも運動する方が、バランスもよく体にも好影響なんです!
それこそ、ジムに行く時間がなくたって、毎日通勤時に歩いたり、散歩する。
これだけでも、毎日続ければ立派に効果が出るんです。

運動がんばっているのに、なんであまり痩せないのだろう。
もしあなたがこう疑問を抱えていたのならば、その運動のことを思い出してみてください。

できない日もあるとは思いますが、少しづつでも毎日続けていますか?
日によって、運動量に差がありすぎていませんか?
一度に頑張りすぎても、途中でいやになってしまう可能性も高いですし、
逆に、やらなすぎも良くはありません。

まずは、毎日続けることができるダイエットを考えてみて下さい。
そうして、実行すれば、運動しているのにあまり痩せない。
この疑問は解消されると思います。

ただし、運動と食事をバランスよくすることは忘れないで下さい。
一度に頑張る運動ではなく。
毎日続けられる運動で、健康に痩せましょう!

食欲は無理に抑えない

食べるのが好きで、食べられないダイエットは出来ないから、
なかなか痩せられないんだけど、どうやって食欲を押さえた?
と、友人によく聞かれるます。

私の答えはいつも同じです。
前は食べないダイエットだったから余計食欲が止まらなかったけど、
成功したダイエットは、ちゃんと食べてよかったから、食べたい反動がなかったのよ。
だから、無理矢理食欲を押さえたわけじゃないけど、今あなたがダイエット中なのに、
食欲が止まらないのは、食べることを制限したりしてるからじゃない?

そう言うと、食べちゃいけない!食べたら太るって思うから、余計食べたくなっちゃう
我慢すれば、反動が大きくなってしまうんです。
食べることが好き!もしあなたもそうなら、
なおさら、きちんと食べるダイエットが向いてるのではないでしょうか?

例えば、あなたがテニスが得意だったとします。
しかし、試合ではバレーボールをやることになった。
テニスが好きなのに、違うものをやらなくてはいけない。
好きなことをやるのと、違うことをやるのでは、練習に対する意欲も、
また結果も恐らく変わってきますよね。

ダイエットもそうなんです。
食べることが好きなのに、食べられない、食べることを制限してしまう。
これでは、反動が起こるのも、いい結果が出ないのも仕方のないことなんです。

私も、食べることが好きなんです。
ですから、友人は余計痩せられたことが不思議なのかもしれませんね。

食べるということは、体にとってとても大切なことですよね。
食べない、食べる、を制限するのは、体によくないことです。
そして、食べることを我慢していれば、食べたい欲望は多くなり、
ダイエットを中断してしまったり、目標まで痩せられてもその反動は多くなるだけ
なんです。
せっかく目指している自分になれるチャンスなのに、自ら諦める方向へ自分を向か
せてしまう。もったいないですよね。

ダイエットを始めて、諦める。
私も何度もこれを繰り返しました。
繰り返してようやく、しっかり食べることの方が痩せる!とわかったんです。

何故かと言うと、
私の場合は、食べることが好きだから、食べれないダイエットは絶対続かない。
そして、必ずリバウンドしてしまう。
けど、食べることができれば、食べれないストレスが溜まらないから途中で挫折
することもない。

更に、しっかり体に栄養を入れているからリバウンドもしない
そして、その結果バランスよく、必要な栄養を摂ることで太らない
体に教わったんです。
食べられるから、食べられない反動がこないので、食欲が止まらないということも
なくなりました。
食べないほうが早く痩せると思いがちですが、実はそうではなかったんです。
途中で挫折してしまっては、当然痩せられない。
痩せられても、リバウンドしてしまう。

だったら、始めからそういうダイエットをしなければいいんですよね。
しっかり食べることが身につけば、例え食べていても食欲が収まらない。
こんな状況になっても自然と、このくらいの量で体には十分なんだなとわかるように
なると思います。 
食欲を無理に押さえようとせず、きちんて食べて食べた反動をなくす。
このことが健康にも、そしてあなたの未来にもいい状況を作ってくれます!

きちんと食べてれば、夜抜いても大丈夫だよね?!
私がされる質問で、2番目に多いのが、これです。
朝、昼をしっかりバランスを考えて食べているから、夜1食抜いても問題ないし逆に
痩せるよね!・・・ということなんです。

私も初めは同じような考えを持っていました。
夜食べなければ痩せる
確かに、夜食べないと朝体重が減っていたりしますよね。
しかし抜いたのに体重が減っていない!という時もありませんか?

そして朝いつも通りに食べたのに太った。
これでは、頑張って夜ご飯を我慢した意味がないですよね。
何故こんなことがおきてしまうのでしょうか。
それは、停滞期の時と似たようなことだと私は思っているんです。
停滞期の時は、体が、飢餓状態なの?とあなたを守るため、体重減少を抑える。
夜抜けば体が異常を感じる。
そして朝食べたもので、夜の分まで補おうとするから余計にエネルギーを使うから
太ってしまうんです。

ただ停滞期の場合は、きちんと3食摂っているので、
太らずそのうちまた体重は落ちはじめますよね。
しかし、夜抜いた場合はあくまでも食べていない!
体はこう判断するので、逆に太るという結果になってしまうんです。
私は、夜抜いてもあまり体重は変わらない。
それなのに次の日少し食べると太るという悪循環の連続だったんです。

つまり、夜抜いたからって痩せた体重が維持できるわけではなく、
朝昼しっかり食べているからといって、夜抜いていいという訳ではないんです!
ダイエットにおいて、バランスのいい食事を摂る、というのは
バランスのいい食事を3食しっかり摂る!ということなんですよね。

1食、2食きちんと食べてるから、あとの1食を抜くというのは、
夜断食をしているのと同じことです。

これでは、バランスよく食事をしているとは言えないです。
もし、あなたが今度こそちゃんとしたダイエットを始めよう!
だけど、早く痩せたいから1食は抜こう。
と思っているとしたら、その考えは捨てたほうがいいと思います。

どこかで食事を抜いて、断食してしまったら、
「きちんとダイエット」にはならないからです。

私も今は3食しっかり食べています。
夜食べすぎてしまったら、朝はサラダとバナナなど調整はしますが、
基本ちゃんと摂るように心掛けています。
それは、今までの経験から3食食べても、ちゃんと痩せられる。
むしろ、どこかで食べない方が痩せにくいとわかったからです。
食べなければ次の食事の時にリバウンドする。
これを忘れないでほしいと思います。
そうすれば、きっとあなたが目指す自分になれるはずです!

私のおすすめダイエット方法は⇒コチラ 

私は運動が嫌いではないですが、得意でもありません。
しかし、ダイエットには食事と運動をバランスよくとることが大切ですよね。

わかってはいても、なかなか運動は続かない。
運動しなくては!と思うと億劫になってしまう。
こう思ったことが、もしかしたらあるかもしれません。

運動が億劫にならない為にはどうしたらいいか・・
私も始めた頃は色々考えて、試しました。
そして、見つけた答えは
趣味や毎日の行動を運動にするということです。

趣味や日課になっている事が趣味に繋がれば、運動に対する気持ちもかわりますよね。
モデルの梨花さんも、サーフィンを趣味を兼た運動として、やっているそうですよ。

好きな事をやって、それが運動になっているなら、苦にもならないですもんね!
私はショッピングに行くという趣味(?)を、散歩を兼ねたウォーキングにしています。
これなら、強制感がなく続けられると思ったからです。
そして、予想通り、嫌々ではなく続いています。

運動が苦手だからと言って、食事だけに頼ろうとしていませんか?
それは、太りにくい体質を作るダイエットにはなりません!

色々ダイエットをやりましたが、食事と運動の両方を毎日バランスよく
これが一番効果があり、また体質改善に繋がりました。

どちらか一方に偏ったダイエットをしてしまうと、体のバランスも偏ってしまいます。
これでは、例え痩せることが出来たとしても、体質まてを変えることは出来ないのです。

あなたが食事改善を始めていて、また運動があまり出来ていないのなら、
趣味に繋がる運動を試してみてはいかかでしょうか?
せっかくダイエットを始めたのですから、太りにくい体質へ!

 私のおすすめダイエット方法は⇒コチラ

自分をほめる・・一日に何回自分を褒めてあげていますか?
毎日そんなに褒めることなんか見つからない。
甘やかす事になるのでは?、と思うかもしれません。

しかし、甘やかすのと褒めるのは全く違います!
怠けたい、逃げたい・・こんな時、理由をつけて投げ出してしまうのが、甘やかす。
それにたいして、頑張った自分を労ってあげる
これが褒めるということですよね。

例えばあなたがご飯を作った時に
おいしい!どうやったらこんなに美味しく作れるの?と、ほめられたらどうですか?
もっと ほめてもらえるように、次も頑張ろう!と思いませんか?

この前テレビ番組でやっていたのですが、
旦那さんを褒めてあげる・・
ほめることで、家事を手伝ってくれるようになったり、様々なやる気を引き出すこと
が出来るというのです。
ほめることが見当たらない、ではなく、ほめる場面を作り出す。
これが大切なのだそうです。

手が離せないから申し訳ないけど、お風呂を少し掃除してもらえない?
自分で、何かを手伝ってもらう場面を作る。
そして、終わった後「すごい!短時間でこんなに綺麗に出来るなんて!さすがパパ!」
と褒めることで、また手伝おうかなという気持ちを植え付ける。

さりげないことでも、ほめるということが大切なんですね。

自分が褒められた時のことを思い出してみて下さい!
何も言われないより、ほめられた時の方が、頑張ろう!と思う気持ちが強くないですか?

そう、人はほめられればまたほめられたいと思い、やる気が出るんです!
ほめられて伸びるタイプの人ならなおさらです。
ほめられれば嬉しくて料理や家事や仕事も今まで以上に頑張れるんです。

それは、ダイエットをしている時も同じです。
例えば、痩せたね!子供産んでるのに何でそんなにスリムなの?
と言われると、もっと褒めてもらいたい!と思いダイエットも頑張れますよね。
ダイエットしてるのに、あまり効果ないみたいだね、
とマイナスなことを言われるよりも、プラスになることを言われたほうが前向き
なれませんか?

これは、他人から褒めてもらうということだけに限らなくていいんです。
一日運動もやって、食事もきちんと摂った。
間食もし過ぎないで我慢した。
その日頑張った自分へ・・
今日もダイエット頑張ったね!少しお腹の肉落ちたんじゃない?と
自分で自分を褒めてあげることでも、やる気は出てきますよね!

私も朝起きて体重を計るとき、夜寝る前、自分をほめるようにしているんです。
朝は、体重維持頑張ってるね!
夜は、今日も一日仕事頑張ったね!ご飯もバランスよかったね!と。

日常、必ず自分を何かしらでほめてあげることは、
自分の中でも意識を高めることもできて、とても重要なのだと思います。
まず、一日の終わりに自分が頑張ったな!と思うことを考えてみてください。
そして、それを自分でほめてあげてください!

ダイエットを始めて4~5日くらいたつのに、あんまり成果が出ていない気がする。
そう思うとなんだかへこんでしまって、ダイエットをする気力が
なくなってしまったりしませんか?

私も以前そうでした。
なかなかうまくいかなくて、そのうちイライラとし始めてヤケになり暴食してしまう。

そして、それもそれで後悔して気持ちがまた沈んで・・
これを何度も繰り返していました。

自分は頑張っているのに、その成果がなかなか出ないとやる気を
なくしてしまったりします。

例えば、学生時代の試験。
試験前から勉強を頑張っていたのに、試験結果があまりよいものではなかった時・・

こんなに頑張ったのに・・

と勉強がいやになってしまい、やらなくなってしまったなどの経験がありませんか?

逆によい結果が出ると、次も頑張ろう!とやる気になります。
結果次第で気持ちって大きく変わるものですよね。

しかし、新たに始めことがなかなかうまくいかないのは仕方の
ないことだと思うんです。

だって、今あなたは当たり前にひらがなを読み書きしていると思いますが、
始めから読み書きができましたか?

子供のころ、何度も何度も練習して始めはうまく書けなかったりした文字が、
練習を重ねることで上手く読み書きできるようになったはずです。
ダイエットに限らずですが、なんでも積みかさねる事でよい結果が
生まれるんだと思うんです。

ダイエットなんだから、早く結果を出したいのになんで痩せないの?!

と思ってしまう気持ちもあるかもしれませんが、
始めて1~2日でいきなり5kg落ちるなんてまず考えられません。

ダイエットを続けて、よい生活パターンを積み重ねることによって、
痩せるし、太りにくい体質になっていくものなんです。

あなたの周りでダイエットをした結果すぐに痩せたけど、
そのぶんすぐリバウンドしてしまったり、
ほとんど食事も量をとらず食事で苦しんでいる人はいませんか?

焦ってダイエットした結果がそれなんです。
だから、はじめからすぐに痩せたり、
停滞期とかもなく最初から最後まで順調にはいかない。

最初はなかなか思うとおりにはいかないし、途中でうまくいかなくなる時期もある

こう思ってダイエットを進める。

すると、なかなか順調にいかない時でもそこまでイライラもしなくて
すむのではないでしょうか。

きちんとしたダイエットを続けていれば必ず痩せるんです!

だから焦らず気持ちに少し余裕をもってダイエットを始めてください

きっと、体がダイエットに慣れてきた時順調にダイエットが進んで、
綺麗な自分に繋がっていくはずです!

おすすめダイエット⇒コチラ

いつまでも若々しく美しく

テレビでいろんな人を見ているといつも思うことがあるんです。

それは、実際の年齢より若く見えて綺麗な人は
どうやって、その美しさをキープしているのだろう..と。

芸能人だけでなく、「魔女たちの22時」なんかを見ても、
出てくる人は本当にみんな実年齢より若く見えて、肌も綺麗で
スリムボディです。

同じ女性としては羨ましいかぎりです。

顔は元々童顔の人などもいますが、
肌質や髪艶そしてボディラインも綺麗で若々しい。

歳を重ねてもこんな女性でいたい!と思います。

彼女達はエステに行っているから美しい?
ジムなどに通って毎日かかさず運動をしているから?

それらの理由もあるかもしれませんが、きっとそれだけではないはずですよね。

肌質や髪艶はいくら手入れをしたからといって、
それだけでずっと綺麗さを保てるわけではありません。

10代など若ければ手入れだけでも、なんとかなるかもしれませんが、
年齢を重ねていくと、そうはいきません。

肌や髪は正直です。
若さだけでカバー!というわけにはいかなくなってきますよね。

とくに肌は食事によって大きく影響されます。

チョコレートを食べすぎたら吹き出ものが増えた。
こんな経験はありませんか?

まさに食べ物に影響されていることがわかりますよね。

つまり、歳を重ねれば重ねるほど健康や肌や髪は食生活が大切ということになってきます。

私も風邪をひいてしばらく食べられなかったり、
食生活が乱れると肌質がすぐに悪くなるようになりました。

普段食生活や運動に気をつけていても、たった何日かで肌に表れてくるものなんですよね。
実年齢より若く美しさを保っている女性達が、
いかに食生活や運動をしっかりしているかがわかります。

つまり、自分も毎日の生活で運動やバランスの摂れた食事をすることで
若さや美しさを保つことが出来る!

と私は思っています。

いつまでも内面外見ともに美しい母親、女性でありたい!
きっとあなたもこう思うことがあるのではないでしょうか?

そのためには、今からでもしっかりバランスを考えた食事と適度な運動をする!

このことを頭にいれて生活の一部とすることで、叶うと私は考えています。

いいな羨ましいなと見ているだけではなく、
そう思われる女性になりたいですね!

ダイエットを始める前に

ダイエットを始めると、即効性を求めてしまいますよね。

「長期間で」「きちんと食べる」というダイエットは、とりあえず後回し・・
こういうことってありませんか?

しかし、頭では即効性があるダイエットだけがいいわけではない!
とわかっている部分もありませんか?

私も昔はそうでした。
きちんと食べる運動することが正しいダイエットとわかってはいるものの、
すぐに痩せたい!

その結果、「とりあえずダイエット」を繰り返していました。
これでは、いつまでたっても太りにくい体質になるなんて無理なことですよね。

わかってはいても、すぐに痩せたい!この気持ちがどうしても抜けない。
しかも、本当にきちんと食べれば痩せるのだろうか・・?

疑問ばかりで、なかなかきちんとしたダイエットへ進むことができませんでした。
無理なダイエットで痩せるダイエットをしてきた私には、
どうしてもこの「食べて痩せる」ダイエットを実行することが難しかったんです。
イメージもしにくいし・・。

習慣づいてしまったことを、違う方法に変えるのはなかなか難しいですよね。
もし、あなたが何かを頑張って練習していたとします。

ある日、あなたがやってきた練習方法が、実はあまりよくないから、
他の練習に変える。
こう言われても、体はすぐに切り替えをできないことが多いと思います。

ダイエットだって同じなんですよね。

「良くない」「辛い」と思っていても、ずっと続けてきた方法を
いきなり変えるということは、勇気が必要です。

だって、結果がどうなるか、わからないんですから。
しかし、いい加減きちんとした食生活をしたい!

と思っていたので、プチ断食のような、食事制限ではなく、
食事改善をすることで、太りにくい体質にする!と決心し、
あるダイエットに挑戦したんです。

続けてきたことでも、何かきっかけをつかめれば、
変われることってありませんか?

例えば、食わず嫌いな物があったとしますよね。

しかし、どうしても食べなければいけない状況にあって、
食べてみたら美味しかった!

そしたら、食わず嫌いだったものも、この先は美味しく食べることができる。

私がダイエット方法を変えることができたのも、同じような考えなんです。

試しにこのダイエットをやってみた。

そうしたら、普通に食事をしても、太らず痩せた。
食事が楽しめるようになった。

この2つなんです!

今まで、断食などの辛いダイエットや、苦痛な食事。
この先も、ずっと続くと思っていたのに、このダイエットを
始めた事によって、180℃ダイエットが変わった。

食べた方が、太りにくい体質になれるんだと、実感できたからなんです。
私も、「痩せるために食べない」という、辛くて、繰り返し続けるダイエットは、
一切やらなくて大丈夫な体質になりました。

すぐ痩せられることは嬉しいことですが、すぐ痩せてまたダイエットの繰り返し
よりも、すぐには激減しなくても、ダイエットを終わりにできる。

こっちの方がいいと思いませんか?

ダイエットをやろう!と思った時、ダイエットの方法と、
ダイエットが終わったあとのこと。

両方を考えてみてください。

そして、将来的にどっちが自分が楽できるダイエットなのか。
よく考えて、ダイエットを始めてください!

あなたにぴったりのダイエット法があるはずです。

ちなみに、私が実践して成功したダイエット方法は⇒コチラ